オーラパールで酸蝕歯対策はできる!?

オーラパールで酸蝕歯対策はできる!?

 

あなたは、上の画像のような状態になっていませんか?

 

こんな状態に、果たしてオーラパールは役に立つんでしょうか。
ハッキリ言います。

 

酸蝕症がオーラパールで治ることはありません。

 

オーラパールは予防目的で作られているので、これ以上悪化させたくない場合でしたら役に立つはずです。

 

酸蝕症って?治すにはどうしたら?

・エナメル質が大きく溶けてしまい、歯の先端が半透明になった状態
・歯が溶けて歯の表面が凸凹になったり、歯の先端が欠けた状態

 

こういった状態のことを酸蝕症(酸蝕歯)と言います。

 

酸性の食品や清涼飲料水、炭酸飲料などを毎日摂り続けるとこの酸蝕症になるリスクが高まります!

 

健康に良いと飲んでいる黒酢”や、デザートで食べるフルーツ”、ダイエットに野菜ジュース”など飲んでいるかと思いますが、これらはすべて酸蝕症になりやすいです…

 

もしも画像のような状態になってしまっていたら、自然に治ることは無いと思ってください。

 

自力でやる場合は、進行を止める、予防することしかできないんです…

 

一時的に脱灰(歯からミネラルが溶けだす)している状態なら、再石灰化で回復できますが、毎日の酸によるダメージで受け続けて歯が完全に溶けてしまっていると自力での回復はできないんです…

 

こうなると、歯磨き粉うんぬんよりも、歯医者での本格的な治療をオススメします。

 

治療といっても、『コンポジットレジン』というプラスチックを詰める穴埋め方法が主になるかと思います。

 

あとは、毎日の食事や飲み物に気を使ったり、食後すぐにうがいをするなど対策をとるなど予防することが大事です。